相続財産の調査

 相続が発生した時には、第一に被相続人がもっていた財産(相続財産)は何であるか?を調査することです。不動産、預貯金、有価証券など、生前に被相続人が何を持っていたか家族に話をしていてくれれば、手がかりになりますが、何も言わずに亡くなってしまうことも珍しくありません。このような場合には、一つ一つ出がかりとなる資料を洗い出して行く必要があります。

不動産の所有を調査する場合

  • 不動産登記済権利証書を調べる
  • 固定資産税納税通知書を調べる
  • 名寄帳を取り寄せる
  • 自宅の周囲の不動産の登記記録を確認する。

いとう司法書士事務所のHPはこちらへ▼▼

いとう司法書士事務所ホームページ
名古屋遺言相続無料相談0567-55-7383

インターネット予約

サービス一覧