遺言検認サポートプラン│名古屋の遺言相続をサポート

相続が発生し、遺産の配分をするときには、まず遺言書が無いか確認する必要があります。遺言書は、亡くなった被相続人の最後の意思表示であり、遺産の分配や処分はそれに従ってなされることになります。つまり、遺言書がある場合と無い場合とで、手続きが大きく異なりますので、遺品の整理をしながら、徹底的に調べてください。

遺言書には大きく分けて2種類ある

遺言書の種類は多く分けて、2種類あります。

 「公正証書遺言」「自筆証書遺言」です。

 

これらは遺言書を作成する方法が異なります。

「公正証書遺言」は公証役場にいって、公証人と証人2人の面前で遺言の内容を述べ作成する遺言書です。公正役場にて保管されるため偽造の心配はありません。

もう一つ「自筆証書遺言」は、ボールペンや万年筆により全文を自分で作成した遺言書です。この遺言書の場合は、すぐに開封せずに家庭裁判所へ持っていかなければなりません。これを「検認」と言います。

 

「検認」によって相続人全員に遺言書の存在と内容を知らせるとともに、遺言書の偽造や変造を防止します。

遺言検認手続きをサポート

遺言の検認手続きは、家庭裁判所に提出して行います。

その際、申立書を作成し、被相続人の戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本、遺言書を用意したければなりません。

 

これらの書類収集、申立書の作成代理を、司法書士が完全サポート致します!

サービスの流れ

ご連絡を頂ければ、まず、早急に面談を始めます。
面談の中で、詳しい事情をお聞きし、今後の手続きの流れを説明させて頂きます。

 

面談後、司法書士の方で戸籍謄本を収集し、遺言検認の申立書を作成致します。

 

申立書が出来上がり次第、内容を確認をして頂き、確認が取れましたら、司法書士が家庭裁判所へ提出して参ります。

お客様がご用意するもの

必ずご用意いただくものは以下の書類です。

●遺言書        → 家庭裁判所へ提出致します。

●身分証明書      → 本人確認のためご用意をお願い致します

 

お手元にあればご用意頂きたいものは以下の書類です。

●相続人の住民票の写し → 相続人の調査・確定のための資料

●相続人全員の戸籍謄本 → 相続人の調査・確定のための資料

●被相続人の住民票の写し→ 相続人の調査・確定のための資料

●被相続人の除籍謄本  → 相続人の調査・確定のための資料

手続き費用

「遺言検認サポートプラン」の報酬は、34,650円(税込)~となります。

その他実費としまして申立手数料、予納郵券、戸籍謄本等の取得費、郵便費などがかかります。

 

報酬や実費は、申し訳ありませんが、相続人の人数、複雑な案件など個別具体的な事情によって、変わることがございます。

 

一つのお見積り例としましては、下記のような具合となります。

お見積り

例)相続人が3人の場合

項 目 報 酬 実費・税金
検認の申立 32,400円~ 800円
予納郵券
  560円
戸籍謄本・住民票の写し取得費 3,240円

  5,000円

郵便通信費   2,000円
原本還付コピー  

   500円

合   計

44,500円

2000年

1月

01日

サイト運営責任者

お電話でのお問合せ・相談の予約はこちらへ

☎ 0567-55-7383

営業時間:9:00〜18:00(土日は予約を頂ければ対応可)

電話は対応は22:00まで可能です。緊急の場合にはご連絡ください。

お問合せフォームはこちら


事務所案内

いとう司法書士事務所

TEL:0567-55-7383

FAX:052-308-3350(efaxのため市外局番は052となります)

Mail:itou.legal@gmail.com

 


いとう司法書士事務所のHPはこちらへ▼▼

いとう司法書士事務所ホームページ
名古屋遺言相続無料相談0567-55-7383

インターネット予約

サービス一覧